課題解決型学習モデル開発事業報告会

 2月8日(月)に同事業の指定を受けている県内6校(若狭、敦賀、鯖江、丸岡、勝山、羽水高校)の生徒たちが集まる成果報告会に、本校2年生20名が参加しました。ポスターセッションでそれぞれの探究学習の成果を発表し合い、またワークショップでは「自分たちの探究学習をより良くするための課題や解決法」について話し合いました。参加した生徒たちからは、「もっと他校の高校生たちと交流したい!」「校外での調査活動をより充実させたい!」などの意見が出され、自分たちの探究をより深めるための真剣な議論がなされました。
 学校は違っても、「地域課題解決」という同じ目標に向けて活動している高校生同士の交流は、参加した生徒にとって大きな刺激となったようです。

吹奏楽部 北陸アンサンブルコンテスト出場

 1月に開催された福井地区アンサンブルコンテスト、そして福井県アンサンブルコンテストを勝ち抜き、本校吹奏楽部の打楽器チームが北陸アンサンブルコンテストに出場しました。
これは吹奏楽部にとっては、7年ぶりの快挙でした。本校の打楽器チームはかつては全国大会で金賞を受賞するという輝かしい歴史をもっていますが、ここ数年は県大会で上位に入賞するも、惜しくも代表を逃していました。
 今年は1年生5人と2年生2人を合わせた7人編成での出場となったため、表現の幅が大きく広がり、熱心な練習のもと代表を獲得することができました。結果は残念ながら銅賞でしたが、金賞や代表のチームと比べても遜色のない高いレベルのものでした。
 本校の吹奏楽部は、今年度から県の吹奏楽活動推進事業の推進校に選ばれており、第一線で活躍するプロの先生のレッスン受講や、楽器の購入などで補助を頂いています。4月4日(日)には、他の文化部と合同で演奏会をハーモニーホールで実施予定ですので、ぜひお越し下さい。

2年生PBL「地域に提案!」最終報告会

 2年生が約2年間取り組んできたPBLの最終報告会を、地域から36名ものアドバイザーの方々をお迎えして実施しました。発表の中で生徒たちは、コロナ禍で実施したオンラインインタビューなど、本当にたくさんの方々に支えられてきた学びの中で気づいた課題やその解決策を「地域への提案」として発表しました。
 このような難しい状況下でも、これだけたくさんの方々に直接学校にお越しいただき、生徒たちが地域の方々と対話できる機会を持てたのは、参加頂いた地域の方々のおかげです。心からお礼申し上げます。
 なお、今後生徒たちは、2年間の学びを丁寧にふり返りつつ、自分の学びのストーリーをまとめる学習に取り組みます。

1年生合同LH(若さでジャンプ)

11月28日(木)LHの時間、クラス対抗の大縄跳び大会が実施されました。毎年、恒例の行事で2週間前から体育の時間を利用して練習を行ってきました。

当日は前半2分、後半2分の間に跳んだ合計回数で順位が競われました。どのクラスも息を合わせながら真剣にチャレンジしていました。優勝したクラスは合計158回、跳ぶことができました。この催しを通して、各クラス内での絆も深まったようです。