UHBCのあゆみ ―過去の大会結果一覧(~1985年)

現顧問赴任前の大会入賞記録です。現在までに把握している結果を掲載しています。

NHK杯全国高校放送コンテスト本選

入賞のなかったものは割愛しています。その他の作品・選手については県予選をご覧下さい。

1978 ラジオ番組第Ⅰ部門 「こちら体育館よこ掃除用具置き場」 入選
1974 朗読部門 横川 恵 準決勝進出
1973 アナウンス部門 吉田伸子 入選
朗読部門 横川 恵 第3位
1972 アナウンス部門 為口喜代美 優勝
1968 ラジオ番組文芸部門 「越前和紙」 第3位

全国高等学校ラジオ作品コンクール

1970 秀作賞

NHK杯全国高校放送コンテスト福井県予選

入賞のなかったものは、記録が残っておらず割愛しています。

           
1985 ラジオ番組課題部門 「今年の運動なーん点」 努力賞
朗読部門 北川直美 第1位
1984 ラジオ番組課題部門 「rob A of B」 第3位
ラジオ番組自由部門 「勝ちます、明日は!」 努力賞
朗読部門 岡 真弓
北川直美
第3位
第4位
1983 ラジオ番組課題部門 「えーっ知らんかったんか?」 第2位
ラジオ番組自由部門 「最後の電話」 努力賞
アナウンス部門 大塚理恵子 第5位
朗読部門 北川真美
前田貴子
岡 真弓
第3位
第6位
努力賞
校内放送研究発表部門 「U・B・Cのイメチェン」 努力賞
1982 ラジオ番組課題部門 「青春の暴走」 努力賞
アナウンス部門 小田亜由美
内山和美
第2位
第5位
朗読部門 皆藤玲子
小林千鶴
木戸かおり
第1位
第5位
努力賞
1981 ラジオ番組課題部門 「青春藤気概況大形非行台風まわり道号編」
「受験戦線、波高し」
第3位
努力賞
ラジオ番組自由部門 「200円の鎖」 第3位
アナウンス部門 山口泰代
橋本由美
野坂晴美
第4位
第5位
第6位
朗読部門 大橋和子
皆藤玲子
浜本好美
第3位
第4位
努力賞
1980 ラジオ番組課題部門 「放送なんて……できるか」 努力賞
ラジオ番組自由部門 「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」 努力賞
アナウンス部門 荒井智恵美
藤井孝枝
橋本由美
第4位
第5位
努力賞
朗読部門 酒井敏江 第4位
1979 ラジオ番組自由部門 「劣等生の劣等生による劣等生のためのテープ」 第3位
アナウンス部門 (記録不明)
朗読部門 山田祥代
酒井敏江
第1位
努力賞
1978 ラジオ番組第Ⅰ部門 「こちら体育館よこ掃除用具置き場」 第2位
ラジオ番組第Ⅱ部門 「たちあがれ高校生」 第2位
アナウンス部門 (記録不明)
朗読部門 石田靖子
山田祥代
高畑浩一
田辺照美
第2位
努力賞
努力賞
努力賞
1977 ラジオ番組第Ⅰ部門 「ピエロはだあれ」 第1位
ラジオ番組第Ⅱ部門 「明日にかける橋」 努力賞
アナウンス部門 清水かずえ
長谷川真弓
寺本早百合
第1位
第3位
努力賞
朗読部門 松山修子
打谷桂子
第1位
努力賞
1976 ラジオ番組第Ⅰ部門 「希望大学入学します」
「陰のベストセラー」
第3位
努力賞
ラジオ番組第Ⅱ部門 「なれてしまった毎日」 第1位
アナウンス部門 佐野美穂子
清水かずえ
第1位
第2位
朗読部門 松山修子
諏訪ゆかり
第2位
第3位
1975 ラジオ番組第Ⅰ部門 「8時45分」 努力賞
アナウンス部門 松山修子 努力賞
朗読部門 木村かずえ
小川千賀子
広田純子
第3位
努力賞
努力賞
1974 ラジオ番組第Ⅰ部門 「1,438人のうるおい」 努力賞
ラジオ番組第Ⅱ部門 「小さな望み」 第1位
アナウンス部門 小林美栄子
田中美由紀
山口純子
第2位
第4位
努力賞
朗読部門 横川 恵 第1位
1973 ラジオ番組第Ⅰ部門 「小さなことだけど」 第2位
ラジオ番組第Ⅱ部門 「つづらおりの道」 第1位
アナウンス部門 吉田伸子
小林美恵子
第1位
第3位
朗読部門 横川 恵
浅田智子
第3位
努力賞
1972 ラジオ番組第Ⅰ部門 「ティーチングマシンと点取り虫」 努力賞
ラジオ番組第Ⅱ部門 「あのとき」 第1位
アナウンス部門 為口喜代美
吉田伸子
第4位
努力賞
朗読部門 小林てる代
斉藤真澄
第1位
第2位
1971 ラジオ番組文芸部門 「コンペイ糖の寺」 第1位
アナウンス部門 為口喜代美 第2位
朗読部門 斉藤真澄
黒川和子
第1位
努力賞
1970 ラジオ番組報道部門 「からっぽの世界」 第1位
アナウンス部門 私市秀子 努力賞
朗読部門 三宅英子
斉藤真澄
第2位
努力賞
1968 ラジオ番組文芸部門 「越前和紙」