過去の大会結果一覧

NHK杯全国高校放送コンテスト本選

NHK杯全国高校放送コンテストは、例年、7月下旬に開催されます。
会場は、準々決勝と準決勝が東京都の「国立オリンピック記念青少年総合センター」、決勝がNHKホールです。
6月の県予選を勝ち抜いた学校・個人が県代表に選出されます。

2015 ラジオドキュメント部門 「いつめん」 優良賞(5~10位)
テレビドキュメント部門 「語り継ぐもの」 入選(ベスト20)
創作ラジオドラマ部門 「サクラサク」 制作奨励(準決勝進出)
創作テレビドラマ部門 「デスゾーン」 制作奨励(準決勝進出)
アナウンス部門 加藤稚菜、山田裕子 出場
2014 ラジオドキュメント部門 「キャラじゃない!?」 優秀賞(3位・決勝進出)
テレビドキュメント部門 「戦いの中で」 準優勝(2位・決勝進出)
創作ラジオドラマ部門 「勇気を出して」 出場
創作テレビドラマ部門 「恋弁」 優良賞(4~5位)
アナウンス部門 門井博子、加藤稚菜 出場
2013 ラジオドキュメント部門 「命つなぐ心」 入選(ベスト20)
テレビドキュメント部門 「ふたり暮らしのすゝめ」 出場
創作ラジオドラマ部門 「ヒトとき」 出場
創作テレビドラマ部門 「リテイク」 入選(ベスト10)
校内放送研究発表 「簡単!レールドリーの製作と活用」 出場
アナウンス部門 岡本 愛 出場
2012 ラジオドキュメント部門 「解ってください」 出場
テレビドキュメント部門 「Anti Noise」 優良賞(5~10位)
創作ラジオドラマ部門 「Human Connect」 出場
創作テレビドラマ部門 「父さんのいし」 出場
校内放送研究発表 「Ustream研究」 出場
2011 ラジオドキュメント部門 「コピペるな!」 出場
テレビドキュメント部門 「1000が残す『線』」 入選(ベスト20)
創作ラジオドラマ部門 「リプレイ」 出場
創作テレビドラマ部門 「School Life」 出場
校内放送研究発表 「正しいテロップの作り方」 出場
アナウンス部門 城戸彩香 出場
2010 ラジオドキュメント部門 「ハート・プラス・・・」 出場
テレビドキュメント部門 「放送室の臭大成」 制作奨励(準決勝進出)
創作ラジオドラマ部門 「ずっとふたりで」 制作奨励(準決勝進出)
創作テレビドラマ部門 「友情万歳!」 出場
校内放送研究発表 「自作照明機材の製作」 出場
2009 ラジオドキュメント部門 「命の灯台」 制作奨励(準決勝進出)
テレビドキュメント部門 「じいちゃんの登山道」 出場
創作ラジオドラマ部門 「繋がる命」 出場
創作テレビドラマ部門 「部活キラー田中」 出場
2008 ラジオドキュメント部門 「境目に生きる」 入選(ベスト20)
テレビドキュメント部門 「碑~いしぶみ~」 優良賞(5~10位)
創作ラジオドラマ部門 「Uターン禁止!」 出場
校内放送研究発表部門 「ノイズレス録音の研究」 出場
2007 ラジオドキュメント部門 「追跡!コラーゲン」 出場
テレビドキュメント部門 「ウチのガッコの走り屋さん」 出場
創作テレビドラマ部門 「あの人まで100m」 出場
創作ラジオドラマ部門 「遺す言葉」 出場
校内放送研究発表部門 「ステディカムの制作 part2」 出場
2006 ラジオドキュメント部門 「キモい研究」  入選(ベスト20)
創作ラジオドラマ部門 「チーズケーキのおいしいお店」 出場
校内放送研究発表部門 「ステディカムの制作」 出場

全国高等学校総合文化祭放送部門

全国高等学校総合文化祭は、例年、8月上旬に開催されます。
開催地は1年ごとに変わります。
前年度11月の県総文祭の上位入賞校・入賞者が県代表に選出されます。

2015 滋賀 AP部門 「ラッキー」 出場
VM部門 「河和田の地から」 出場
アナウンス部門 加藤稚菜 出場
2014 茨城 AP部門 「でこんぼ道」 優秀賞(1位相当)
アナウンス部門 門井博子 出場
2013 長崎 VM部門 「再起~昭和倉庫館・焼け跡からの出発~」 審査員特別賞
AP部門 「種を蒔く」 出場
2012 富山 VM部門 「マジック!~受け継がれる技~」 出場
AP部門 「天到不屈~103歳の画家・豊田三郎~」 優秀賞(1位相当)
2011 福島 VM部門 「飛べ!福井のイカロス」 出場
AP部門 「温故知新~越前朝倉象棋の復活~」 出場
アナウンス部門 城戸彩香 出場
2010 宮崎 VM部門 「笑門来福」 出場
AP部門 「七間朝市の佐藤さん」 出場
2009 三重 VM部門 「一本入魂」 出場
AP部門 「鉄・路~地方ローカル線にかけた人生~」 審査員特別賞
2008 群馬 VM部門 「苦情が宝?!」 出場
AP部門 「奇跡の証~イルカのラボちゃん」 出場
2007 島根 VM部門 「エチクラ参上!」 出場
AP部門 「鬼」 出場

近畿高等学校総合文化祭放送部門

近畿高等学校総合文化祭は、例年、11月23日に開催されます。
開催地は1年ごとに変わります。
6月のNコンの結果に基づいて代表を選出してきましたが、2008年度から選出方法が変わりました。

2014 福井 朗読部門 北出あい 出場
2011 滋賀 朗読部門 高岡万里子 優秀賞
2010 奈良 アナウンス部門 城戸彩香 出場
2007 大阪 VM部門 「イルカのラボちゃん」 出場

北信越高等学校選抜放送大会

北信越高等学校選抜放送大会は、例年、2月上旬に開催されます。
開催地は1年ごとに変わります。
11月の県総文祭の上位入賞校・入賞者が県代表に選出されます。

2015 富山 VM部門 「跳∞人」 出場予定
AP部門 「生きたいんや」 出場予定
アナウンス部門 山田裕子 出場予定
朗読部門 久保茉莉子、上野詩織 出場予定
2014 石川 VM部門 「河和田の"チ"から」(「TSUGI」改題) 優良校(3~8位相当)
AP部門 「ラッキー!」 出場
アナウンス部門 加藤稚菜 優秀賞(2~3位相当)
朗読部門 北出あい 出場
2013 福井 VM部門 「絶賛格闘中。」 優良校(3~6位相当)
AP部門 「でこんぼ道」 優秀校(1~2位相当)
アナウンス部門 門井博子、加藤稚菜 出場
朗読部門 北出あい 出場
2012 長野 VM部門 「再起~昭和倉庫館・焼け跡からの出発~」 優良校(3~6位相当)
AP部門 「種を蒔く」 優良校(3~4位相当)
アナウンス部門 岡本 愛 出場
2011 富山 VM部門 「マジック!~受け継がれる技~」 審査員特別賞
AP部門 「天到不屈~103歳の画家・豊田三郎~」 優秀賞(1~2位相当)
CM部門 「福井を飲もう!」 出場
2010 新潟 VM部門 「飛べ!福井のイカロス」 優秀賞(1~2位相当)
AP部門 「温故知新~越前朝倉象棋の復活~」 審査員特別賞
アナウンス部門 城戸彩香 出場
2009 富山 VM部門 「笑門来福」 出場
AP部門 「七間朝市の佐藤さん」 優良校(3~4位相当)
2008 石川 VM部門 「一本入魂」 出場
AP部門 「鉄路~私鉄ローカル線にかけた人生~」 優秀校(1~2位相当)
2007 福井 VM部門 「苦情が宝?!」 出場
AP部門 「奇跡の証~イルカのラボちゃん」 審査員特別表彰校
2006 長野 VM部門 「エチクラ参上!」 出場
AP部門 「鬼」 優良校(3~4位相当)

東海ラジオ高等学校ラジオ作品コンクール

東海ラジオ高等学校ラジオ作品コンクールは、愛知県のAMラジオ局・東海ラジオ放送が主催するコンクールです。

2015 番組制作部門 「Re-birth」 最優秀賞
2014 番組制作部門 「勇気を出して」 努力賞
2013 番組制作部門 「ヒトとき」 優秀賞
2012 番組制作部門 「わかってください」 奨励賞
2011 番組制作部門 「Replay」 佳作
2010 番組制作部門 「ハート+」 優秀賞

「地方の時代」映像祭

「地方の時代」映像祭は、1981年以来、全国各地の放送局、自治体、一般市民などが参加し、開催されている映像祭です。2007年以降は、大阪府吹田市で開催されています。

2015 高校生部門 「農業少年」 優秀賞
2011 高校生部門 「飛べ!福井のイカロス」 出品

NHK杯全国高校放送コンテスト福井県予選

NHK杯全国高校放送コンテスト県予選は、例年、6月上旬に開催されます。
勝ち抜くと7月の全国大会の県代表に選出されます。

2015 ラジオドキュメント部門 「いつめん」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「語り継ぐもの」 最優秀賞
  「農業少年」 優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「サクラサク」 最優秀賞
創作テレビドラマ部門 「デスゾーン」 最優秀賞
校内放送研究発表 「ドラマ撮影技術の研究」 全国推薦
アナウンス部門 加藤稚菜
山田裕子
優秀賞
優秀賞
朗読部門 北出あい
上野詩織
久保茉莉子
前川ひるの
山川 藍
出場
出場
出場
出場
出場
2014 ラジオドキュメント部門 「キャラじゃない!?」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「戦いの中で」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「勇気を出して」 最優秀賞
創作テレビドラマ部門 「恋弁」 最優秀賞
校内放送研究発表 「羽水高校的ファイル管理向上法」 出場
アナウンス部門 門井博子
加藤稚菜
吉村一訓
優秀賞
優秀賞

出場
朗読部門 北出あい
上野詩織
久保茉莉子
前川ひるの
優良賞
出場
出場
出場
2013 ラジオドキュメント部門 「命つなぐ心」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「ふたり暮らしのすゝめ」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「ヒトとき」 最優秀賞
       〃 「しっぽのついた弟」 優良賞
創作テレビドラマ部門 「リテイク」 最優秀賞
       〃 「探し物見つけた?」 出場
校内放送研究発表 「簡単!レールドリーの製作と活用」 全国推薦
アナウンス部門 岡本 愛
門井博子
加藤稚菜
優秀賞
出場
出場
朗読部門 奥田ひかり
川島菜緒
北出あい
出場
2012 ラジオドキュメント部門 「解ってください」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「Anti Noise」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「Human Connect」 最優秀賞
       〃 「守りたいもの」 優良賞
創作テレビドラマ部門 「父さんのいし」 最優秀賞
校内放送研究発表 「Ustream研究」 全国推薦
アナウンス部門 岡本 愛
門井博子
出場
朗読部門 奥田ひかり
山中悠生
竹下達也
出場
2011 ラジオドキュメント部門 「コピペるな!」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「1000が残す『線』」 優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「リプレイ」 最優秀賞
       〃 「俺の決めたこと」 優良賞
創作テレビドラマ部門 「School Life」 最優秀賞
校内放送研究発表 「正しいテロップの作り方」 全国推薦
アナウンス部門 城戸彩香
好本夏海
岡本 愛
優秀賞
出場
出場
朗読部門 高岡万里子
大田優里
奥田ひかり
優良賞
出場
出場
2010 ラジオドキュメント部門 「ハート・プラス・・・」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「放送室の臭大成」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「ずっとふたりで」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「DRUG & DROP」 制作奨励賞
創作テレビドラマ部門 「友情万歳!」 優秀賞
校内放送研究発表 「自作照明機材の製作」 全国推薦
アナウンス部門 城戸彩香
好本夏海
優良賞
出場
朗読部門 大田優里
高岡万里子
岡川春樹
出場
2009 ラジオドキュメント部門 「命の灯台」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「じいちゃんの登山道」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「繋がる命」 最優秀賞
創作テレビドラマ部門 「部活キラー田中」 優秀賞
校内放送研究発表 「LEDライトの製作」 部会奨励賞
アナウンス部門 城戸彩香 出場
朗読部門 矢野恭祐 出場
2008 ラジオドキュメント部門 「境目に生きる」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「碑~いしぶみ~」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「Uターン禁止!」 最優秀賞
創作テレビドラマ部門 エントリー無し  
校内放送研究発表 「ノイズレス録音の研究」 全国推薦
アナウンス部門 藤沢史帆 出場
朗読部門 松村知美
播磨辰浩
新井千智
林 光吉 
出場
2007 ラジオドキュメント部門 「追跡!コラーゲン」 最優秀賞
テレビドキュメント部門 「ウチのガッコの走り屋さん」 最優秀賞
創作ラジオドラマ部門 「遺す言葉」 最優秀賞
創作テレビドラマ部門 「あの人まで100m」 優秀賞
校内放送研究発表 「ステディカムの制作 part2」 全国推薦
アナウンス部門 藤沢史帆 出場
朗読部門 松村知美
北島裕子
出場
2006 ラジオドキュメント部門 「キモい研究」  最優秀賞
テレビドキュメント部門 エントリー無し  
創作ラジオドラマ部門 「チーズケーキのおいしいお店」 優秀賞
創作テレビドラマ部門 エントリー無し  
校内放送研究発表部門 「ステディカムの制作」 全国推薦
アナウンス部門 相馬彩希
藤沢史帆
出場
朗読部門 田中夕紀乃
北島裕子
堀江美晴
松村知美
出場

福井県高校放送コンテスト新人大会

福井県高校放送コンテスト新人大会(2009年までは「福井県高等学校総合文化祭放送部門」でした)は、例年11月中旬に開催されます。
優良賞以上に入賞すると2月の北信越大会の代表に選出されます。さらに優秀賞以上に入賞すると翌年の全国総合文化祭の県代表に選出されます。

2015 VM部門 「跳∞人」 最優秀賞
「一途」 優良賞
AP部門 「生きたいんや」 最優秀賞
アナウンス部門 山田裕子 最優秀賞
前川ひるの 出場
朗読部門 久保茉莉子 優秀賞
上野詩織 優良賞
坂田宗太郎 出場
山川 藍 出場
2014 VM部門 「TSUGI」 優秀賞
「眼鏡の聖地に来た男」 優良賞
AP部門 「ラッキー!」 最優秀賞
アナウンス部門 加藤稚菜 優秀賞
山田裕子 奨励賞
前川ひるの 出場
朗読部門 北出あい 優良賞
上野詩織 奨励賞
久保茉莉子 出場
2013 VM部門 「絶賛格闘中。」 優良賞
「発明、湧く!湧く!」 優良賞
AP部門 「でこんぼ道」 最優秀賞
アナウンス部門 門井博子 優良賞
加藤稚菜 優良賞
鈴木ひかり 出場
朗読部門 北出あい 入選
畑中藍之介、村田貴洋 出場
2012 VM部門 「再起~昭和倉庫館・焼け跡からの出発~」 最優秀賞
「笑顔届けます」 優良賞
AP部門 「種を蒔く」 最優秀賞
アナウンス部門 岡本 愛 優良賞
門井博子、大谷陽太 出場
朗読部門 奥田ひかり、川島菜緒 出場
2011 VM部門 「マジック!~受け継がれる技~」 最優秀賞
「思い、伝われ。」 優良賞
AP部門 「天到不屈~103歳の画家・豊田三郎~」 最優秀賞
CM部門 「福井を飲もう!」 優良賞
「FUKUI'S WORKS」 出場
アナウンス部門 岡本 愛、八田裕章 出場
朗読部門 高岡万里子、奥田ひかり 出場
2010 VM部門 「飛べ!福井のイカロス」 最優秀賞
「さわやか!~福井の味の共通語~」 優良賞
AP部門 「温故知新~越前朝倉象棋の復活~」 最優秀賞
アナウンス部門 城戸彩香 優秀賞
好本夏海 出場
朗読部門 大田優里、福田純久 出場
2009 VM部門 「笑門来福」 最優秀賞
AP部門 「七間朝市の佐藤さん」 最優秀賞
アナウンス部門 城戸彩香、高崎聡、横山拓海 出場
朗読部門 エントリー無し  
2008 VM部門 「一本入魂」 最優秀賞
AP部門 「鉄路~私鉄ローカル線にかけた人生~」 最優秀賞
アナウンス部門 林 光吉 出場
朗読部門 山下依智子、渡邉真理 出場
2007 VM部門 「苦情が宝?!」 最優秀賞
AP部門 「奇跡の証~イルカのラボちゃん」 最優秀賞
アナウンス部門 エントリー無し  
朗読部門 松村知美、野坂孔明 出場
2006 VM部門 「エチクラ参上!」  最優秀賞
AP部門 「鬼」  最優秀賞
アナウンス部門 藤沢史帆、松村知美 出場
朗読部門 エントリー無し  

福井ふるさとCM大賞コンクール

福井ふるさとCM大賞コンクールは、福井市映像文化センターが主催するコンクールです。

「福井(ふるさと)がある」2011
優秀賞
「FUKUI's WORKS」