最新情報 - 2011年度

2012/3/19 THE★放送13がありました。

3月18日(日)、福井市中央の「福井まちなか文化施設 響のホール」にて、県内高校放送部主催のイベント「THE★放送13」が開催されました。

本校放送部は運営と作品制作で協力しました。当日の写真はこちらか、本校放送部が作成したTHE★放送13 公式ウェブサイトをご覧ください。

作品紹介はこちらをご覧ください。

今回は1年生が主導となって作った番組も出品されました。制作途中は険悪なムードになったときもありましたが(苦笑)、無事に仕上げられたことで、番組制作の難しさや辛さ、そして何よりも達成感を感じたのではないでしょうか。

さて、ここからはNコンへ向けて本格始動です。残り3ヶ月!頑張っていきましょう。

2012/3/16 福井ふるさとCM大賞で入賞しました。

福井市映像文化センターが主催する第10回福井ふるさとCM大賞コンクールで、本校放送部制作のCMが2作入賞し、本日16日(金)の表彰式に出席してきました。

結果はいずれも2位の優秀賞でした!
作品の詳細はこちらをご覧ください。
なお、作品は福井市映像文化センターのサイトでご視聴できます。

昨年度から、経験と発表の場を増やすためNコンや全総以外のコンクールにも精力的に参加するようになり、こうして初参加の本コンクールで賞をいただけたのは大変嬉しいことです。

また、来賓の皆様や他の入賞者の方々と交流もできました。特に制作者の2年生には各方面から地元に残って映像制作を続けることを熱望されました(笑)。

これで、新年度前にまたひとつ大きな経験ができましたね。

2012/3/16 新入生獲得大作戦!

本日は新入生登校日で、学校についての諸説明や、物品購入が行われました。

新入生たちの下校時には、各部活動の部員たちがビラ配りをするのが毎年の恒例となっています。本校放送部も、先陣を切ってビラ配りを行いました。

果たしてどのくらい入部してくれるのでしょうか…?

皆さんの入部を心よりお待ちしています。


2012/2/13 北信越大会に行ってきました。

さる2月11日(土)~12日(日)、富山国際会議場にて北信越高等学校選抜放送大会富山大会が開催されました。
本校放送部は、番組2部門とCM部門に出場しました。
結果は以下の通りです。

 オーディオピクチャー部門  優秀賞(1位相当)
 ビデオメッセージ部門    審査員特別賞


当日の写真はこちらです。

昨年に引き続き、番組部門で優秀賞をいただくことができました!AP番組については、音声・写真・切替のタイミングなど、細かいところまで突き詰めたので納得のいく作品になったのですが、VM番組については、いろいろと反省点が多かったです。今回の大会で感じたことを今後に生かさねば!と思いました。

あと、印象深かったのは全高総文祭富山大会に向けて、富山県の方々が一生懸命に努力している姿でした。8月の大会の成功をお祈りしております。私たちも「THE☆放送」の成功に向けて頑張らねば!

2012/2/4 THE★放送13について

今年も「THE★放送」の季節がやってきました。

「THE★放送13」は、3月18日(日)に響のホールで開催されます。テーマは「13=1~新しい時のはじまり~」。時計の針が一回りすると「1」に返るように、THE★放送の歴史をこれからも刻んでいきましょうという意味を込めています。

参加校は例年通り、羽水・高志・仁愛女子・福井商業・藤島・北陸の各高校のほか、今年は武生高校も参加することになりました。

ただ今、各高校で発表作品の準備や朗読練習を行っているほか、実行委員が関係機関との連絡、パンフレットの作成、進行台本の検討などを進めています。

公式ウェブサイトも立ち上がったようです。

 THE★放送13 公式ウェブサイト

ツイッターでも情報を発信していますので、是非フォローしてください!

2012/1/18 地道に活動中…

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

さて、12月終わりには「福井ふるさとCM大賞コンクール」の参加作品を、そして、先日は、北信越選抜大会の作品を提出しおわり、ほっと一息ついたところです。

また、報告が遅れましたが、東海ラジオ主催の「第41回高等学校ラジオ作品コンクール」に、今年も出品しました。Nコン作品のラジオドラマ「Replay」のリメイク版です。結果は佳作(12~16位)でした。昨年は優秀賞をいただき、今年も…などと期待していたのですが、やはり全国から作品の集まる伝統あるコンクールです。それなりに作りこんだつもりでしたが、甘くはないですね。

今後は北信越大会への参加、そして「THE★放送」やNコンに向けた活動が本格化します。また、校内放送の充実やレイニーバスの存続活動などにも取り組んでいきたいと思います。

本年も、羽水高校放送部をよろしくお願いいたします。

2011/11/21 近畿高総文祭で高岡さんが入賞!

11月21日、滋賀県大津市の「ピアザ淡海」で「近畿高等学校総合文化祭滋賀大会」の放送部門が開催されました。

本校からは福井県代表として、高岡万里子さんが朗読部門に出場しました。

高岡さんは福井県出身の小説家・宮下奈都さんの「メロディ・フェア」の一節を朗読し、優秀賞に入選しました!やった!

先日の新人大会では入賞を逃して悔しい思いをしましたが、見事に雪辱(?)を果たしましたね。良かったです。これで冬場の練習にも活気が出てきそうですね。

2011/11/17 新人大会がありました

11月12日、福井市(旧・美山町)の「木ごころホール」で開催された、福井県放送コンテスト新人大会に参加しました。
本校放送部は全部門に出場しました。結果は以下の通りです。

 ビデオメッセージ部門
  「マジック!~受け継がれる技~」 最優秀賞!
  「思い、伝われ。」 優良賞!
 オーディオピクチャー部門
  「天到不屈~103歳の画家・豊田三郎~」  最優秀賞!
 CM部門
  「福井を飲もう!」 優良賞!


最優秀賞の2作品とCM部門の作品は2月の北信越大会に参加することになります。また、最優秀賞獲得により、来年度の全高総文祭富山大会のVM・AP両部門への参加権を獲得しました。読みの部門は…頑張りましたが、入賞はありませんでした。

…というわけで、番組部門ではそれぞれ6連覇を達成できました。昨年も書きましたが、県内放送部の番組制作レベルは上がってきています。私たちも、技術・内容両面で高いレベルを維持できるよう、今後も頑張っていきたいと思います。

なお、当日の写真はこちら。番組紹介はこちらです。

2月の北信越大会に向けて、さらに作品の完成度を上げていきたいと思います。

2011/8/10 Nコン全国大会の結果です

第58回NHK杯全国高校放送コンテストの準決勝・決勝が7/27~28に、東京都のオリンピックセンター・NHKホールで開催されました。

今年は東日本大震災の影響により、準々決勝は非公開審査となりました。その結果、テレビドキュメント部門が準決勝に進出、すでに出場か決まっていた研究発表と併せて、2部門に参加するため、総勢8名で東京に行ってきました。
結果は以下の通りです。

 テレビドキュメント部門 「1000が残す『線』」 入選(ベスト20)

昨年は果たせなかった入選を達成できました。県大会で最優秀賞を取れなかった悔しさから、徹底的に行った修正作業が奏功しましたね。良かった!その反面、3年生たちは悔しい思いをしましたが…。仕方ないです。準決勝への道は甘くない…。

当日の写真はこちらです。

準決勝に進出できなかった3年生たちは全員が居残りを申し出、代わりに1年生が全員東京に行きました。全国大会で見聞きしたことを生かして、羽高放送部の伝統を引き継いでいって欲しいと思います。

2011/6/18 Nコン県大会が終わりました!

第58回NHK杯全国高校放送コンテストの福井県予選が6/11(土)に、福井県鯖江市の嚮陽会館で開催されました。
本校放送部は全部門に出場しました。結果は以下の通りです。

 ラジオドキュメント部門 「コピペるな!」 最優秀賞
 テレビドキュメント部門 「1000が残す『線』」 優秀賞
 創作ラジオドラマ部門  「リプレイ」 最優秀賞
 創作ラジオドラマ部門  「俺の決めたこと」 優良賞
 創作テレビドラマ部門  「School Life」 最優秀賞
 アナウンス部門     城戸彩香 優秀賞
 朗読部門        高岡万里子 優良賞
 校内放送研究発表    「正しいテロップの作り方」 全国推薦


当日の写真はこちらです。

今年は読みも含めて全部門で入賞することができました!
(多分)本校放送部初の快挙ではないでしょうか? それぞれが自分の担当場所で頑張った成果が出たのだと思います。

今年は全国大会の準々決勝が非公開審査となり、準決勝に進出しなければ東京で発表する機会が得られません。厳しい道ではありますが、頑張っていきたいと思います!

2011/4/30 新入部員が5人入りました。

新学期が始まって一ヶ月が経ちました。

おかげさまで今年も新入部員を迎えることができ、部員一同喜んでいます。今年は男子3名、女子2名が入部してきました。

今年は東日本大震災の影響で、NHKコンテストの全国大会が規模を縮小して開催されるとのことで、東京に行けるかどうかが微妙な情勢ですが、番組作り、アナウンス・朗読の練習に、部員一同頑張っています。

今年度も羽水高校放送部をよろしくお願いいたします。