最新情報 - 2014年度

2015/2/7-8 北信越高等学校選抜放送大会に参加しました

第11回北信越高等学校選抜放送大会石川大会が、石川県金沢市の石川県文教会館で開催されました。
羽水高校放送部はすべての部門に出場しました。結果は以下の通りです。

アナウンス部門
 優秀賞 加藤稚菜
ビデオメッセージ部門
 優良校 「河和田のチから」(「TSUGI」改題)

強豪揃いの北信越大会、そのアナウンス部門で、加藤部長が2位相当の優秀賞に入賞しました!これは本校放送部初の快挙です!!本番直前までどう読むべきか悩みに悩んでいたのですが、本当によかったです。また、朗読部門に出場した北出さんも入賞は逃しましたが、落ち着いた良い読みができていました。新人大会に比べて進化できていたと思います。 

一方、ビデオメッセージ部門では、新人大会以来、懸命にリメイクに取り組んだ「河和田のチから」がベスト8相当の優良賞に入賞しました!この作品のリメイクには、VMチーム一同、かなり苦しみました。評価していただいて本当にうれしかったです。

一方、オーディオピクチャー部門では、久々に入賞を逃してしまいました…。県大会では最優秀賞をいただいており、APチームは「微調整をすれば勝負できる」と自信を持って大会に臨んだのですが…やはり北信越大会は甘くはありません。私たちが自覚できなかった弱点があったようです。もう一度、謙虚に自分たちの作品を見直し、伝えたいことをもう一度整理して、春までにもう一度作り直してみたいと思います。
 

さて、今回の北信越大会では、石川県の生徒のみなさんの頑張りがとても伝わってきました。先日、近畿総文を運営したばかりの私たちには、その苦労がとてもよく分かりました。

また、今回の大会では「他校と交流をすすめる」ことを大きな目標とし、名刺や作品DVDを配ったり、交流ボードへの書き込みをしたりしました。次に出会えるチャンスは全国大会ですが、そこで再会できるように次の目標に向かって頑張りたいと思います。

2014/11/22 福井県高校放送コンテスト新人大会に参加しました

平成26年度福井県高校放送コンテスト新人大会が、鯖江市の嚮陽会館で開催されました。
羽水高校放送部はすべての部門に出場しました。結果は以下の通りです。

オーディオピクチャー部門
 「ラッキー!」 最優秀賞(全高総文祭・北信越大会出場権獲得)
ビデオメッセージ部門
 「TSUGI」 優秀賞(全高総文祭・北信越大会出場権獲得)
 「眼鏡の聖地に来た男」 優良賞
アナウンス部門
 加藤稚菜  優秀賞(全高総文祭・北信越大会出場権獲得)
 山田裕子  奨励賞
朗読部門
 北出あい  優良賞(北信越大会出場権獲得)
 上野詩織  奨励賞

◎番組部門について

オーディオピクチャー部門では9連覇を達成!しましたが、ビデオメッセージ部門の覇権奪還はなりませんでした。 最優秀賞の丸岡高校さんの作品は優れた作品でしたし、私たちの作品には克服しきれなかった弱点がそれぞれありました。 終了後、さっそくミーティングをしましたが、制作チームはそれぞれ弱点を自覚、結果には納得していたようです。 ただ、今回の作品制作を通して、チームとしての経験値はかなり高めることができたと思います。この経験が今後に生きてくれれば…と思います。

◎読み部門について

2年生についてはそれぞれ最終目標を達成することはかないませんでしたが、上位大会への進出を果たすことができました。この悔しさをバネに今後の練習を充実させていきたいと思います。また、1年生については2名が奨励賞を獲得しました。これを励みに、来春のNコンでは是非、全国大会進出を目指して欲しいと思います。

2014/11/15-16 近畿高等学校総合文化祭福井大会の運営に参加しました

今年は福井県で「近畿高等学校総合文化祭」が開催されました。

私たち放送部も福井県国際交流会館を会場として、近畿各県からたくさんの参加者の方々にご参加いただき、二日間の日程で放送部門を開催しました。

羽水高校放送部からは、加藤部長が生徒実行委員長を務めたほか、進行チーフや交流会の司会、交流ボード製作など、全員が生徒実行委員として活動しました。運営に関わった県内の放送部員との交流も深まり、とても楽しい時間を過ごせました。また、大会の運営もとてもスムーズに行えたので、大きな達成感を得ることができました。

参加された皆さん、本当にありがとうございました。

2014/8/27 全国大会受賞報告会を開いていただきました

二学期始業式が終わった後、本校体育館において、Nコン全国大会と全高総文祭の受賞報告会を開いていただきました。今年は例年にない好結果だったため、全校の生徒のみなさんが集まる中で、特別に時間をとっていただきました。

校内では、日頃、放送部の存在はあまり目立ちませんので、こうして成果を報告する機会を与えて下さったことはとてもありがたいことでした。

お礼の言葉を述べる大谷部長はかなり緊張していましたが…

2014/7/30-31 全国高等学校総合文化祭茨城大会で優秀賞を獲得しました!!

7月30日(水)から31日(木)にかけて、第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会の放送部門が、茨城県日立市の日立シビックセンターで開催されました。本校放送部はオーディオピクチャー小部門とアナウンス部門に出場しました。
結果は以下の通りです。

オーディオピクチャー小部門 「でこんぼ道」  優秀賞!(1位)

一昨年は「優秀賞」を、昨年は「審査員特別賞」をいただいたので、できれば今年も…との思いはありましたが、まさかNコンに続いて優秀賞をいただけるとは予想外でした。この番組については、取材対象である人形作家・かとうかずおさんに大変お世話になり、ご協力いただいたおかげの結果だったと思います。ありがとうございました。

2014/7/22-24 Nコン全国大会で準優勝&優秀賞&優良賞を獲得しました!!

7月23日(火)~7月25日(木)、第61回NHK杯全国高校放送コンテストが、東京のオリンピック記念青少年センターとNHKホールで開催されました。本校放送部は番組4部門とアナウンス部門に2名が出場しました。結果は以下の通りです。

テレビドキュメント部門 「戦いの中で」 準優勝!!
ラジオドキュメント部門 「キャラじゃない!?」 優秀賞!(3位)
創作テレビドラマ部門 「恋弁」 優良賞!(4位)

我が羽水高校放送部の悲願だった「Nコン決勝進出」をついに、ついに達成しました!!

しかも、一挙に2作品進出という夢のような結果です。前日の準決勝に3作品が通過し、多くの方々に作品を視聴していただいたこと、そしてその感想をいろいろいただいたことで、私たちとしては大満足だったのですが、予想を上回る結果に部員一同、NHKホールで絶叫してしまいました。本当にうれしかったです。

また、今年は昨年以上に、全国の放送部の方と交流することが出来ました。たくさんの学校の方々と、作品交換の約束をしたり、読みの練習方法を教えていただいたりして、とても実りの多い大会になりました。こうした成果を今後の活動に生かしていきたいと思います。

2014/6/13  Nコン県予選が終わりました!!

第61回全国高校放送コンテスト福井県予選が、6月13日(土)に鯖江市の響陽会館にて開催されました。本校放送部は全部門に参加しました。 結果は以下の通りです。

テレビドキュメント部門 「戦いの中で」 最優秀賞!
ラジオドキュメント部門 「キャラじゃない!?」 最優秀賞!
創作テレビドラマ部門 「恋弁」 最優秀賞!
創作ラジオドラマ部門 「勇気を出して」 最優秀賞!
アナウンス部門 門井博子 優秀賞!
アナウンス部門 加藤稚菜 優秀賞!
朗読部門     北出あい 優良賞!

今年も番組4部門を制覇することが出来ました!また、今回は読みで複数の入賞者が出て、それぞれ上位大会への進出を果たしました。ただ、残念ながら研究発表では全国推薦をとれませんでした。私たちもできる限りがんばりましたが、県内の各高校ともとても力の入った発表だったので、これは仕方がないと思います。

さて、 最優秀・優秀を受賞した番組・個人は、第61回全国高校放送コンテスト本選に出場します。目標は昨年と同じく、「2作品以上を準決勝に進出させること」、そして「読みでも準決勝に進出すること」です!!この目標に近づけるよう、部員一同努力したいと思います!!