2年生 3月修学旅行

新型コロナ感染拡大防止のため、10月の沖縄修学旅行が3月県内修学旅行に変更され、3月15日(月)16日(火)の一泊二日の日程で実施されました。
初日の15日(火)は、早朝より晴れ上がり続々と生徒達が荷物を抱えて登校してきました。

各クラス、2台のバスに分散搭乗して「スキージャム勝山」へ向かいます。
スキー場の駐車場へ定刻に到着しました。天候は晴れ風弱く、青空がどんどん広がり奥越の山々の絶景が楽しめました。

ゲレンデには充分な積雪があります。クラスごとにスキーウエアーに着替えて、ブーツとストックとスキー板を整えて集合します。

次は、晴れ渡った青空と白いゲレンデをバックにクラス写真撮影です。

いよいよ、スキースクールへ入校し、リフトへ向かいます。

思う存分にスキーを楽しんだ後は、芦原温泉「グランディア芳泉」へ移動します。

疲れた体を芦原の温泉で癒します。
そして、お楽しみは福井県の美味しい食材をふんだんに使った夕食です。
お品書きで旅館の心づくしを味わいます。

最初で最後の修学旅行の夜が更け、朝が来ました。
美味しい朝食をいただきますが、その前に体温チェックです。

3月の修学旅行は楽しめたでしょうか? 良き思い出は作れましたか? お疲れ様でした。解散です。保護者の皆様、関係の皆様のご理解とご尽力に感謝いたします。3月の修学旅行をありがとう。

卒業式

 3月1日、本校体育館にて第56回卒業証書授与式が挙行されました。昨年度と同様、感染症対策のため1・2年生は参加せずに、卒業生のみでの実施となりました。
 校長からは、活躍をしている本校卒業生の例を交えながら、卒業生達の飛躍を祈る式辞が述べられました。その後は、PTA会長からの励ましの言葉、送辞、答辞など例年どおりの内容で式は進行しましたが、国歌や校歌は斉唱せずに、CD音源による静聴となりました。
 式の終了後には、各教室で担任から一人一人に卒業証書が手渡され、最後の担任メッセージ、記念撮影など、クラス内での交流の時間が続きました。また今年は1・2年生による見送りができないため、生徒会が作成した各部活動によるビデオメッセージも教室で流されました。
 生徒玄関から出た広場では、晴天のもと友人同士笑顔で歓談する姿がたくさん見られ、羽水高校での最後の時間を名残惜しそうに過ごしていました。
 進路先がこれから決定する生徒も多数いますが、本校で培ってきた力を信じて、今後はそれぞれの世界で活躍してくれることを祈っています。