冬の朝読書週間

 恒例の朝読書週間が始まっています。本校では期末考査後、08:20~8:40の間、朝読書を実施しています。今年は12月7日(月)~18日(金)に実施されます。
 生徒達が自分の好きな本、興味のある本など、様々な本を読んでいます。朝読書を通じ、授業に向けて脳の活性化や、本から得る知識が学力を育成する端緒となるように、と考えています。学力や授業のためと書きましたが、「本を読むこと」は楽しいことなんだ、と生徒自身が気づいてくれるとうれしいですね。生徒だけではなく教職員も本を読んでいます。

公開授業週間~英語

 本校では、各教科で大学の先生方をお迎えしての研究授業週間を実施中です。本日11月6日(金)は、本校教諭の研究授業(2年)「コミュニケーション英語Ⅱ」に、福井大学連合教職大学院の先生を助言者としてお招きしました。これまでの授業で教科書のレッスン “Why Biomimicry?” (なぜ生物模倣?)を読み終えた生徒たちは、グループごとに「なぜ生物模倣が地球温暖化を止めるのか?」「なぜ生物模倣が私たちの生活様式に影響を与えるのか?」などについて調査した結果を発表しました。
 また、ALT2名や本校卒業生の教育実習生2名も参加した研究協議では、英語科全体で授業をつくる組織づくりについて、先生からご教授いただきました。

公開授業週間~社会

 羽水高校では現在、秋季の公開授業および研究授業を実施しております。11月2日(月)には、現代社会と英語のコラボレーション授業が行われ「アメリカ政治体制」をテーマに、本校の社会科教員、英語科教員、ALTが授業を展開いたしました。
 生徒はまず社会科教員から基本的な知識を学び、その後に英語科教員とALTから英語のスピーキングにて共和党と民主党の政策について学びました。
 当日は、福井大学大学院からの助言も頂き、教員にとっても深い学びの時間となりました。当日の様子は11月3日の福井新聞にも紹介して頂きましたので、ぜひご覧ください。

10月6日(火)秋季特別講座(英語・数学・物理)

 福井大学、福井県立大学、金沢大学などの国公立大学志願者の3年生を対象に、「秋季特別講座」を現在、放課後に実施中です。今回は、英語、数学、物理の3科目について、有名予備校・進学塾の外部講師による、大学受験に特化した特別な講義を行っています。夏季にも同様の特別講座が行われ、大学受験に向けた学力を強化しました。そして、今回の秋季講座では、更なる学力の強化はもちろんのこと、現役高校生が苦手とする、2次試験で必要な「記述力」の養成を目的としています。
 勉強へのやる気・学力をアップさせながら、第一志望大学合格に向けて日々前進中です。